コンサルティングフロー

1.​リスク確認

どのようなリスクがあるか仮説を立てた上で、客様が危惧されているリスクをヒアリングします。

2.リスク分析

お客様が気付かれていない潜在的なリスクも明らかにして、企業を取り巻くリスクを洗い出します。

3.リスク評価

分析したリスクを発生頻度と損害規模によって評価して、リスクをセグメントします。

4.リスク移転対策

発生頻度が低く、損害規模が大きいリスクへの対策として、保険プログラムを設計します。

5.結果検証

​お客様の経営環境や社会状況の変化に対応するため、定期的に保険プログラムを見直します。